カレー嫌いが余計にカレー嫌いになった話

カレーが嫌いだ。…いや正確に言うと、「好んで食べない」と言うべきか。出されたら食べるが自ら率先してカレーを口にすることはない。ただし例外があって、以前紹介したcampのカレーだけはたまに食べに行き幸せな気分になって帰ってくるのだ。あのカレーだけ…

ホワイトデーひとつでその人なりがわかってしまうのだとわかったあのときの話。

今日はホワイトデーらしい。誰にもチョコレートをあげていないのにホワイトデーのプレゼントをいただいてしまって、恐縮。実はホワイトデーにはあまりいい思い出がないんだけど。

穂村弘著「現実入門」を読んだ。シュールすぎるじわじわ系のエッセイだと思う。

先日、佐藤雅彦さんの「毎月新聞」の書籍レビューをここで描いたが、穂村弘さんの「現実入門」という本も併せて購入した。タイトルが同じく四字熟語になっているがそれはただの偶然だ。

アストル・ピアソラ作曲「天使の死」という曲がお気に入り

お題「マイブーム」アストル・ピアソラ作曲「天使の死」という曲が最近のお気に入り。ここんとこ、毎日youtubeで聴きまくっている。すんごいタイトルだが(驚)、聴くと軽快でどこか物悲しく楽しい。

犯罪率 とても低いよ 狛江市は 構わず尻が 突如現るる

一体何のこっちゃ?だが、わけのわからないエセ川柳が頭の中に浮かんだ。略してエセンリュウ。そういえば昔一人暮らししていた狛江市のことをヴログに書こうと思っていてすっかり忘れていた。

ダイドードリンコの「さらっとしぼったオレンジ」が復活!…なんだけど、微妙。

お題「最近気になったニュース」さっきYahoo!ニュースを見ていたら「さらしぼオレンジ復活へ」なる見出しが出ていた。

佐藤雅彦著「毎月新聞」を読んだ。新聞がみよりも小さく、新聞がみよりも分厚い「新聞」。

ここのところ本が無性に読みたくなりもっぱらamazonで購入しまくっている。活字だろうが漫画だろうが読みまくっている。書籍は現物だろうがkindle版だろうがどちらでも購入するが、活字の書籍ならばせめてkindle化するもんだろ、と悪態をつきたくなる。

平日の夜にだって「ランチ」があるんですよ奥さん。

お題「今日の出来事」「すみません、『大戸屋ランチ』って夜でもやっているんですか?」近くの席のレディが店員に聞いていた。

願いは口に出してこそ叶う…どういう形で叶うかは神のみぞ知る

小学校の頃、どういうわけだか「将来は漫画家になるんだ!!」と固く決めていた。

わたしがボールペンを持ち歩かない理由はボールペンのトラウマのせいだろうか

ひとつ前の記事で「今年の抱負はボールペンを必ず持ち歩く」と書いたが、ボールペンで思い出した話があるのでちょっくら書いておこうかと思う。