ホワイトデーひとつでその人なりがわかってしまうのだとわかったあのときの話。

今日はホワイトデーらしい。誰にもチョコレートをあげていないのにホワイトデーのプレゼントをいただいてしまって、恐縮。実はホワイトデーにはあまりいい思い出がないんだけど。

穂村弘著「現実入門」を読んだ。シュールすぎるじわじわ系のエッセイだと思う。

先日、佐藤雅彦さんの「毎月新聞」の書籍レビューをここで描いたが、穂村弘さんの「現実入門」という本も併せて購入した。タイトルが同じく四字熟語になっているがそれはただの偶然だ。

アストル・ピアソラ作曲「天使の死」という曲がお気に入り

お題「マイブーム」アストル・ピアソラ作曲「天使の死」という曲が最近のお気に入り。ここんとこ、毎日youtubeで聴きまくっている。すんごいタイトルだが(驚)、聴くと軽快でどこか物悲しく楽しい。

犯罪率 とても低いよ 狛江市は 構わず尻が 突如現るる

一体何のこっちゃ?だが、わけのわからないエセ川柳が頭の中に浮かんだ。略してエセンリュウ。そういえば昔一人暮らししていた狛江市のことをヴログに書こうと思っていてすっかり忘れていた。

ダイドードリンコの「さらっとしぼったオレンジ」が復活!…なんだけど、微妙。

お題「最近気になったニュース」さっきYahoo!ニュースを見ていたら「さらしぼオレンジ復活へ」なる見出しが出ていた。

佐藤雅彦著「毎月新聞」を読んだ。新聞がみよりも小さく、新聞がみよりも分厚い「新聞」。

ここのところ本が無性に読みたくなりもっぱらamazonで購入しまくっている。活字だろうが漫画だろうが読みまくっている。書籍は現物だろうがkindle版だろうがどちらでも購入するが、活字の書籍ならばせめてkindle化するもんだろ、と悪態をつきたくなる。

平日の夜にだって「ランチ」があるんですよ奥さん。

お題「今日の出来事」「すみません、『大戸屋ランチ』って夜でもやっているんですか?」近くの席のレディが店員に聞いていた。

願いは口に出してこそ叶う…どういう形で叶うかは神のみぞ知る

小学校の頃、どういうわけだか「将来は漫画家になるんだ!!」と固く決めていた。

わたしがボールペンを持ち歩かない理由はボールペンのトラウマのせいだろうか

ひとつ前の記事で「今年の抱負はボールペンを必ず持ち歩く」と書いたが、ボールペンで思い出した話があるのでちょっくら書いておこうかと思う。

今年の抱負は口に出さないはずだったが戒めとしてひとつ宣言する

元日にこんな記事を書いたが、一部撤回させていただきたい。 blog.ma4yi1ji2.com

「雪」と言っても天候の雪がすべてとは限らないぞ!

今週のお題「雪」本日の関東は雪どころか花粉が飛んでたのだが。早速目が痒い。また来たか花粉症。

口内炎はグレープフルーツを食べて治すべし

口内炎は最悪だ。口の中の違和感がすごいし何を食べてもしみる。おかげさまで食事が旨くない。が、わたしは薬で治さない。かといって自然治癒もしない。

しじみ汁が飲めない人のための二日酔いの治し方

二日酔いにはしじみ汁が効く。が、わたしはしじみをはじめ貝がまるでダメなのでしじみ汁が飲めない。しじみ汁が苦手な人間は二日酔いに対して為す術もないのかと諦めるのはまだ早い。わたくしことアヘラ流の二日酔いの治し方を伝授する。

よわい11にとってのバレンタインデーは「ただの引き立て役」になったことでした。

今週のお題「わたしとバレンタインデー」今日はバレンタインデーだ。特にデートもなければチョコレートを誰かにあげるわけでもない。おまけにバレンタインデーを満喫しまくるどころか会社でビールを飲むイベントに参加してきたのだ。どこへ行ったバレンタイ…

あの世から迎えが来たその瞬間我は一体何を思うぞ

若くして命を落とす ー これほど自身にとって悔しい思いをすることはないのかもしれない。

最高に旨いチョコレートと言っても過言じゃない、Lindtのチョコレート。

今週のお題「わたしとバレンタインデー」あ、明後日バレンタインデーというやつだ!巷では「義理チョコは禁止」などという会社が出てくる一方、「友チョコ」というのはもうチョベリバ級に古いのか周りでは全くもって聞かない。代わりに「自分チョコ」という…

大阪土産は「輪ゴム」です…輪ゴムなんだけど輪ゴムじゃなくって、いや輪ゴムなんですけども。

つい先日まで数回大阪伊丹〜羽田を往復していた。関東→中部などと地域を跨る出張や旅行へ行けば大抵珍しがって自分用に菓子などの土産を買う。が大阪は以前住んでいたため土産品なぞ特段珍しくもなんともなかったためあまり土産を買うことはなかったし、買っ…

大寒波に乗って可笑しなお菓子がやってきた - 中国のお菓子「大白兎」-

大寒波が日本列島を襲った本日。雪の中我が家に中国菓子がやってきた。写真の菓子、「大白兎」という菓子だ。

出世をしたければ●●に基づいたものを持て…とは言われていないが。

「出世をしたければ、ボスの猿真似をしろ」最近どういうわけかこういう言葉をよく聞く。

「冠水瓶」 - 最近知った言葉 ※「尿瓶」ではないので注意。

お題「最近知った言葉」すんごく今更なのだが、画像のガラス器は「冠水瓶」という名前だということを知った。昨日の「ぐわぐわ団」の記事で取り上げられていて初めて知った言葉だ。

門真ターミナルホテルに泊まってきた。朝食が美味しいビジネスホテル。

所属していた吹奏楽団の定期演奏会に参加するため2月2日〜4日まで大阪に滞在していた。その時に泊まっていた「門真ターミナルホテル」というホテルが良かったのでレビューしたい。

味覚はおっさん化していても態度と容姿はおっさん化していないはずだと思いたい

唐突だが20代後半から徐々に味覚がおっさん化している。ここ数年は特に味覚のおっさん化が加速している気がする。

「せつぶん」と言うと「節分」、「拙文」、「接吻」←それは「せっぷん」と読むのだ。

今週のお題「わたしの節分」節分について語ることなぞないので今日はわたしの「拙文」がテーマだ。

わかめスープはママの味、海の向こうはそんな感じなのだろう

先日カルディで韓国のわかめスープを購入した。政治の面では日韓関係は冷え冷えどころかもはや修復不可能というところまで来ているけど、わたくしアヘラにとっちゃそんなの関係なし!なので今日も構わず韓国食品をありがたくいただく。

福は〜内、福は〜内、服(ふく)は〜家(うち)?!

今週のお題「わたしの節分」 明日開催される演奏会に出るため大阪に滞在中だ。明日の演奏会をもって大阪在住時から在籍している吹奏楽団を退団する。悔いのないよう頑張ってこようと思う。そういえば今までいろんな団体で演奏会に出てきたが、おかしな出来事…

あの人にもヘンな癖がある、人間ひと癖ふた癖ある方が味がある。

わたしが通っていた高校は公立高校だがとにもかくにも変な教師がたくさんいた。低偏差値高校だったがゆえかは知らんがひと癖ふた癖ある教師ばかりだったため、逆にまともな教師を探すのには大変骨が折れた。

コーヒーについてひたすら語るが決してコーヒー通ではないのでご容赦を

お題「コーヒー」コーヒーは好きだ。本当は紅茶の方が好きだがコーヒーも好きだ。この際コーヒーについて好き勝手喋りたい。

n通りの人間が存在するならばn通りの生き方がありn通りの性癖もあるとわかったあの時代

世の中には変わった性癖を持つ者が一定数いる。人間、例えば30億人いたら30億通りの性格があるように30億通りの性癖がある。おセックスの最中にそれは露呈するとかしないとかよくわからんがまぁ人それぞれだ。その中でもとりわけ変わった性癖を持つ者に高校…

あの「まずいコーラ」再び…amazonでポチるも1/6の胡乱な感情

「メッコールが久々に飲みたい…」この欲望が満たされる日が突然やってきた。amazonというものがあるおかげで欲望が簡単に満たされた。現代は便利だ。便利すぎて怖い。

「ヘルプディスク」は記憶装置の一種ではない。

ヘルプ「デ」スクかヘルプ「ディ」スクか。恐ろしくくだらないことに頭を悩ませていた時期があった。