書籍

穂村弘著「現実入門」を読んだ。シュールすぎるじわじわ系のエッセイだと思う。

先日、佐藤雅彦さんの「毎月新聞」の書籍レビューをここで描いたが、穂村弘さんの「現実入門」という本も併せて購入した。タイトルが同じく四字熟語になっているがそれはただの偶然だ。

佐藤雅彦著「毎月新聞」を読んだ。新聞がみよりも小さく、新聞がみよりも分厚い「新聞」。

ここのところ本が無性に読みたくなりもっぱらamazonで購入しまくっている。活字だろうが漫画だろうが読みまくっている。書籍は現物だろうがkindle版だろうがどちらでも購入するが、活字の書籍ならばせめてkindle化するもんだろ、と悪態をつきたくなる。

中国語の発音に必死な三が日最終日、你好ニーハオ大家好。

お題「年末年始に見たもの・読んだもの」個人的な話なのだけど必要に迫られて中国語の勉強をすることになり、こんな本で勉強している次第。

「ぐわぐわ団 4コマ漫画集 2018年下半期」出版おめでとう!

愛読しているブログ「ぐわぐわ団」にて毎朝6時に掲載されている4コマ漫画。この度、2018年下半期分の4コマ漫画集が出版されたとのこと。おめでとうございます!

松本人志「遺書」この頃のトゲトゲしさはどこへ行った?

久々に松本人志の「遺書」を読んだ。図書館でしれっと置いてあったためすかさず借りた。1994/10/1発売。もう24年前になるのか。 遺書 作者: 松本人志 出版社/メーカー: 朝日新聞社 発売日: 1994/09/01 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 44回 この商品を含…

「逮捕されるまで 空白の2年7ヵ月の記録」文章が下手すぎて笑える

ものすごく今更な話であるが、「逮捕されるまで 空白の2年7ヵ月の記録」を読んだ。なんとなく「買うまでもないや」と思っていたので図書館で借りて読んだ。図書館でも犯罪者の手記って置いてあるのか。最近の図書館とやらはよくわからない。 逮捕されるまで …

「たこしんごう」という絵本で崩れ落ちるほど笑った(ネタバレ)

絵本というものはこんなにたくさん種類があるのか、とびっくりした。「図書館分室」という狭いスペースの中の一角にぎっしりと詰められた絵本たち。 ふと、一冊の本が目に止まる。 「たこしんごう」 …何のことだかさっぱりわからないタイトルですでにわたし…