雑記

盲腸が消えた21の夏(3)やってきたXデー、さらば盲腸。

入院生活が始まって早々、命がなくなるかと思った。 スキンヘッドの見るからに危なそうなジジイと出くわしたのである。もう手術どころではない、わたしはポアされる。 というわたしの心配は杞憂に過ぎなかった。あのジジイはフレンドリーすぎるほどいい奴だ…

愛読ブログ紹介:ぐわぐわ団 - 読んで損する楽しいブログ -

毎日欠かさず読んでいるブログ「ぐわぐわ団」。鬱々とした毎日の中で唯一の心の潤滑剤である。心のオアシスである。「ぐわぐわ団」なしの生活は考えられない。考えたくない。考えちゃいけない。しかし困ったことにブログ名の「ぐわぐわ団」という時点ですで…

盲腸が消えた21の夏(2)入院生活開始、謎の人物との出会い

それにしても参った。胃痛だと思ったら盲腸でやんの。 まさか自分が盲腸になるとは思ってもみなかった。 そして近いうちに腹を切ることになろうとは。人生ってわからんものである。

ペクさん -高校の思い出-

高校時代、「ペクさん」というあだ名の友人がいた。親友というか、悪友というか、悪友だった。

盲腸が消えた21の夏(1)胃痛だと思ったら盲腸だった話。

21の夏、盲腸になった。 体から盲腸が消えた。つまり、切った。ちょん切った。切腹した。死なずにしぶとく生きている。 人間というものはそう簡単に死なないのだ。

嗚呼青春時代カムバック「スーパー一人ごっつ」を手に入れたの巻

「スーパー一人ごっつ」を全巻中古で手に入れた。

ああ懐かしのサンリオピューロランドとやら、十年越しのレビュー。

密かに愛読しているブログ「ぐわぐわ団」の著者、まけもけ氏がちょろっとサンリオピューロランドのことを書いていたので勝手に言及する、のコーナー。 www.gw2.biz

麻雀について -高校の思い出-

高校のときに麻雀を教えてもらった。親からでもなく、悪い大人たちからでもなく、高校の友人からである。当時のわたしの中では麻雀と言えばタバコを咥えながらリーマンのオッサンどもが接待でやるもの、そういうイメージしかなかった。そんなわけでまさか17…

わけのわからんナンバープレートにドロップキック

密かに愛読しているブログ、「ぐわぐわ団」でナンバープレートについて書かれていた。普段更新しない時間に新着記事があったので何かと思ったら気になる記事!おぉ!そういえば書きたいことがあったゎ!と思い筆を執ることにした。

「子どもが本好きになって勉強のやる気UP!5つの効果的な伝え方」に共感

たまたまはてなブログを徘徊していたら面白い記事を見つけた。言及せざるをえなくなったので筆を執ることにした。

血液型について-わたしはO型ではありません

会社で献血があったので受けてきた。最後に受けたのは平成30年3月8日。半年以上経過していた。今日の献血で通算16回目となった。以前、献血10回目のときに表彰として青いガラスのおちょこをもらってきたことがある。10回の次の表彰は30回だそうだ。次回の30…

クレジットカードを出したつもりが間違えてキャッシュカードを出していた件

こんな間違いを犯したのは初めてである。 今思い返しても顔から火が出るほど恥ずかしい。 クレジットカードを出したつもりが、銀行のキャッシュカードを出してしまったのだ。