血液型について-わたしはO型ではありません

会社で献血があったので受けてきた。
最後に受けたのは平成30年3月8日。半年以上経過していた。
今日の献血で通算16回目となった。以前、献血10回目のときに表彰として青いガラスのおちょこをもらってきたことがある。10回の次の表彰は30回だそうだ。次回の30回表彰で黄色いおちょこがもらえるよう献血を継続するつもり。
献血の回数表彰の記念品についてはここを見てほしい。しかし、なぜガラス製品、なぜおちょこなのか…。

そういえば血液型について物を申したいと思ったのでこの際だからあれこれ書かせてもらおうと思う。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181020095502j:plain

血液型の話が大嫌い

いきなりだが、わたしは血液型の話が嫌いである。
たかだか4パターンの性格になぜ無理やり人を当てはめようとするのか。
「A型は几帳面」「B型は八方美人」「O型は大雑把」「AB型は二重人格」…。ステレオタイプもいいところだ。
また何かとつけて「今日の血液型占い」「あの人との相性は?血液型で見る恋愛相性占い」などなど、これまたくだらない占いに絡めてくるのである。
こういう背景があってかなくてかわからんが合コンという名の薄っぺらい飲み会での鉄板ネタになるのも頷ける。

そのステレオタイプ的な言われを利用してか、わたしはしょっちゅうO型に間違えられる。
わたしの行動がいちいち大雑把だから、だそうだ。
現にあった昔の出来事なのだが、当時所属していたとある吹奏楽団での飲み会でしゃぶしゃぶが出たときのこと。しゃぶしゃぶ用豚肉を一枚一枚はがすのが相当大変でなかなか食が進まなかったとき、もうイライラして残りの豚肉を全部鍋にぶち込んでしまった。
そこですかさずそばにいた人が「なんて大雑把!あなたO型でしょ?!そうだそうだ、絶対そうだ」なんて決めつけてきたのである。
いやいやO型じゃありませんよ、なんて否定しても「またまたぁ、こういうことをする人はO型しかいないんだから」と。
この出来事以外でも実際に「あなたO型でしょ?」と聞かれて「いいえ違います○型です」なんて言おうものならば必ず非難ゴーゴーなのである。そんなにわたしをO型にしてしまいたいのか。

しかしながら「血液型=性格」、こんなのただのデタラメにしかすぎない。
先ほど「世間での所謂ステレオタイプ的な性格」を書いたが、わたしの周囲では「ズボラなA型」、「二重人格のB型」、「神経質で不思議ちゃんすぎるO型」「八方美人なAB型」などなど、ステレオタイプ的性格とは真逆の性格をした人間がたくさん存在する。一方で「偶然にもステレオタイプ的な性格をした人間」も存在する。みんな違ってみんないい、とはちょいと違うが、個々の性格なんて存在する人間の数だけある。無理やり4つに分けるほうがおかしい。

そういえば以前バカなことを言ってきた奴がいた。わたしがちょうどウツ状態になっていたときのことだ。
「お前は●型に近い×型だからウツになりやすい」
「オレは▲型だからウツにならない」
「■型はすぐ逃げるからまずウツはあり得ない」
「▲型のオレと●型の上司だから合わないわけで~」

…いい加減にしろ。
ウツと血液型の因果関係はないのだ。それは単なるお前の根拠のない推測にしかすぎない。
第一その上司とお前が合わないのは単純にお前の素行も出来も悪すぎるからである。
何でもかんでも血液型のせいにする奴ほど能無しな人間はいないことを思い知れと言いたい。
こういう奴はヒョウモンダコにでも噛まれてしまえば良いのだ。

余談だが「ブラッドタイプハラスメント」というものが存在する。略してブラハラ。ブラタモリではない。間違えても「ブラジャーハラスメント」の略ではない。
少数のAB型やB型に対してネガティヴなイメージを持ち人格を否定するというとんでもないものである。実際にこれで悩み、傷つく人もおり、このブラハラで裁判にまでなった例がある。
職場や学校での血液型がきっかけでの差別や就職活動で企業の面接時に血液型を聞かれる、などといったイジメや、もっとすごいものだと「血液型の相性がよくないから」と結婚を許さないイジメなどもある。
これ、多数派で安心する傾向のある日本人が生んでる悪い癖ではなかろうか?そうではなくとも、たかだか「血液型」の一つで人間に対する変なレッテルを貼る人間がまぁ多いこと。
血液型ひとつで一体どういう不利益が起こるというのだ。まったく理解ができないので、こうなったら血液型で付き合う人を選ぶ人間から納得のいく答えをいただきたい。

あとなかなか笑えるのが「血液型別ダイエット方法」「血液型別マネー運用方法」など何の根拠もない「なんちゃってお役立ち情報」なんかを記載しているサイトもあるということ。こんな情報を書いてPV数を稼いで収益を得ているのだろう。
一体どこまで血液型に絡めれば気が済むのだ?どういうサンプリングをすればこんなデタラメな記事が書けるのか。

わたし自身、命に関わる事態になったとき以外は血液型を明かすつもりは毛頭ない。もともとそういう考えを持っていたが、文章にすることでますますその考えが強くなった。血液型に関する話題なんか本当にウンザリなのだ。
敢えて言うならば「O型以外」ということだけで勘弁願いたい。

もう、血液型ネタはやめませんか?