名古屋の老舗の喫茶店、コンパルのエビフライサンドが美味い

名古屋グルメで有名なものは多々あるのだが、その中でも老舗の喫茶店「コンパル」のエビフライサンドは美味いとよく聞く。 一体どういうものなのだろうかとずっと気になり、名古屋へ行ったときには絶対に食べようと思っていた。
そして2018年9月、とうとう念願叶って堪能することができた。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181103134611j:plain

 

コンパルは名古屋市内と近郊に店舗を構える老舗のチェーン店。 栄西店でエビフライサンドを食べてきた。

2018/09/08(土)の出来事。 午前10時頃行くとすでにほぼ満席で、何とか座れた、というレベル。あともう少し遅かったら待つ羽目になっていた。 地元の方が多いような印象を受けたが、隣に座っていたカップルだかご夫婦だかは旅行者っぽかった。やはり目当てはエビフライサンドかと思ったら案の定そうだった。 ちなみに栄西店は全席禁煙なのでおタバコ飲む方は注意。

早速オーダー。目当てのエビフライサンドと、アイスコーヒー。 ドリンクは無難にアイスコーヒーにした。というより、選ぶのが面倒だったのでたまたま目についたアイスコーヒーにしただけであるのだが。 

 

アイスコーヒーにびっくり

注文を終えてしばらくするとアイスコーヒーが運ばれてきた。

?!

こんなものがきた。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181103134315j:plain

ここのアイスコーヒーの飲み方だが、まずブラックのまま、カップに入ったコーヒーを氷が入ったグラスへ全部入れる。そしてミルクは好みで入れる、という飲み方。 余談だが、氷が躍り出ているからかコーヒーが入れづらい。多少こぼした。肝心の味だがさすがコーヒーの店、美味い。 

お待ちかねのエビフライサンド

ほどなくしてエビフライサンドが運ばれてきた。 あらかじめ写真を見ていたので免疫はあれど、なんですかこのボリュームは!

エビフライが3本惜しみなく入っている。それどころか、卵焼きの分厚さ、ボリューミーなキャベツ。これはお腹いっぱいになる。 早速かぶりつく。もうすでに持ちづらい。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181103134441j:plain
 

エビフライサンドは「食えるものなら食ってみろ!」という形相でこちらを睨んでいる。が、そんなの御構い無しにかぶりつく。 これは美味しい。噂に聞いていたとおりだ。エビフライが重いかと思えば意外とあっさりしている。 そしてキャベツはエビフライと卵の熱によって程よくしんなりしており、卵はふんわりとしていてまさに「極上のハーモニー」と言える。

ただ、3切れも食べると本当にお腹がいっぱいになる。そりゃ、エビフライと卵じゃいくらなんでも腹にたまる。 しかしこのサンドを考えた人は本当に天才である。名古屋グルメのひとつとして絶対食べるべきものとしての地位をこのままずっとキープして欲しいものである。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181103134936j:plain
 
コンパルはmanaca利用可能。腹持ちが良すぎる。
お会計はエビフライサンド930円+アイスコーヒー400円で合計1,330円。 この店はmanacaが利用できるので、早速購入したmanacaを使用した。

非常に美味しかったのだが、午前中の変な時間にエビフライサンドを食べたおかげで何も入らない。 おかげさまで昼食は13時半〜14時頃、一休みすべく入ったコメダコーヒーでジュースを飲むだけで終わったのである。

名古屋の老舗の喫茶店 コンパル