東京土産には築地ちとせの「天ぷらせんべい」をオススメしたい

自分の出身地のバラマキ系土産と言えば?と聞かれても意外と答えられないと思う。 が、よくよく考えると都道府県によってかなりばらつきがあるような気がしてきた。 答えられるとしたら例えば北海道の白い恋人、じゃがポックル、六花亭のバターサンドetc.、沖縄県だとちんすこうや紫芋タルト、愛知県であればゆかり(せんべい)、京都と言ったら八つ橋、広島県であればもみじまんじゅうなどなど。 あとは都道府県別の「ご当地プリッツ」や「地方限定じゃがりこ」がベタなバラマキ系土産なのではないか。
だが、一方ですぐ答えられないところもある。 わたしの出身地、東京都である。 東京都のバラマキ系土産ってこれと言ってピンと来るものがない、そう思っていた。

築地ちとせ「天ぷらせんべい」

先に言ってしまうが、わたしのオススメは「築地ちとせ」という店の天ぷらせんべいである。 天ぷらせんべいは築地ちとせの看板メニュー。「築地お料理菓子」の代表格である。 あとで知ったのだが、どうやらこの天ぷらせんべい、関ジャニ∞のメンバーがオススメしていたようだ。 写真は天ぷらせんべい、ごぼ天せんべい、海苔天せんべいの三種詰め合わせだが、もちろん単品でも購入できる。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181106224718j:plain

↑お皿の中、左から天ぷらせんべい、泥付きごぼう天せんべい、のり天せんべい

 

東京土産と言われてもアレしか思い浮かばない

わたしは3年ほど前までずっと東京に住んでいた。生まれてから東京から出たことがない身であった。そのためか学校や職場でこれまでもらってきたバラマキ系菓子は大抵東京都とその近郊(神奈川県、埼玉県、千葉県)が除外されていた。そりゃそうだ、神奈川、千葉、埼玉の在住者もごろごろいたわけなのでわざわざ「旅行のお土産?♪」なんてことはなかったのである。ま、たまに箱根など各県の郊外への旅行者から土産をもらうことはあったが。
そのためか、「東京土産でオススメって何?」と聞かれてもさっぱりわからず、東京を離れて大阪で暮らすようになってから初めて東京へ行った際、いざ土産選びとなったらかなり頭を抱えたものである。 代表的なものに東京ばな奈というものがあるが、(わたしの周りで)東京へ行った人間はほぼみんなこれを購入していてベタすぎる上に日持ちがしない。それどころか、東京にいた頃になぜか東京ばな奈をもらう機会が多く正直食べ飽きていたので却下。

その状況下、どういうわけか「東京土産=雷おこし」という訳のわからない図式が出来上がっていた。しかし雷おこしというものは喜ばれないお土産ランキング上位に入っているらしいし(あくまでもわたしの経験上)、そのせいか周りからは「土産なんだけど、雷おこしだけはやめてくれ」と言われる始末。
おまけに肝心のわたくし、正直言って雷おこしは好んで食べるほうではない。なんてかわいそうな雷おこしなのだ。だが好きでないものは仕方がないのだ。
そんな雷おこしであるがなぜかわたしの中での東京土産の代表格(※ただしオススメできない)になってしまっていた。

 

羽田空港で出会った救世主

ところが大阪生活一年目のある日のこと。 所用で東京へ行かなくてはならなくなったときのことである。 すでに大阪へ引っ越してから数回は東京へ行っているため今更なにも変わったことはなかったのだが、せっかく東京へ行ったのであれば何か土産を買って帰りたい。 だけど今回もまた土産選びに苦労するのか…と思った矢先のことである。
帰りの羽田空港第2ターミナルでお土産を買うべく3階へ。 土産屋が並ぶ中の1スペースに気になるのぼりが立っていたのである。

「天ぷらせんべい」

?!なんですと?!初めて聞いたぞそんなもの。 天ぷらせんべいというくらいであればまず甘くないだろう。しめしめ。 正直、土産と言えば大抵甘いものばかりで本当にうんざりしていた。甘いものかしょっぱいものかどちらかを選べと言われたら100%しょっぱいものを選ぶわたしにとっては見逃してはならないものとしてしっかりと視界にキャッチしたのである。

天ぷらせんべいを試食、衝撃の旨さ

吸い寄せられるように店へ行くと、売り子さんが店頭で天ぷらせんべいの試食をさせてくれた。ここではせんべいの試食サービスを行っている。ちなみにアレルギーがあったら困るので「エビ大丈夫ですか?」と必ず聞いてきてくれる。 エビは大好物なので期待しつつ、試食をさせてもらう。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181106224803j:plain

※↑これが天ぷらせんべい

これは美味しい!! 今まで食べたことのない味である。「かき揚げがそのまませんべいになった」だけのレベルではないのだ。味も良いのだが、何よりも「サクサク」と「ザクザク」の間くらいの食感が気に入ったのである。固すぎず、柔らかすぎず、しっかりと歯ごたえを残す揚げ具合抜群のせんべいである。味で楽しむ&食感で楽しむ、2倍楽しむせんべいと言ったところ。
あまりに気に入ってしまい、即刻お買い上げ。初めての購入だったので手始めに天ぷらせんべいのみとした。 これはビールに絶対合うだろう、と思っていたら、店のガラスケースに天ぷらせんべいの横には食品サンプルの生ビールジョッキが置かれているではありませんか…この味、絶対ビール好きが考えた味に違いない。
やはり予想通り、土産として配ったら好評であり、その後天ぷらせんべい→海苔天せんべい→ごぼ天せんべい、とローテーションさせたぐらいだ。

他のせんべいのフレーバー

せんべいは他にも「のり天せんべい」「泥付きごぼう天せんべい」がある。 のり天せんべいは見てのとおり「海苔!!」である。江戸前海苔と青のりの二種類が使われている。 ただ、こののり天せんべいにもエビが入っているのでエビアレルギーの方は注意すること。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181106224836j:plain

のり天せんべいも天ぷらせんべいとほぼ同じような食感。 個人的な感想だが、天ぷらせんべいがビールに合うとしたら、のり天せんべいはどちらかといえば日本酒向けかも?もちろんビールにも合うが、ビールに合うせんべいとしては天ぷらせんべいに軍配が上がる。
泥付きごぼう天せんべいは先ほどの2種類と毛色が違う。 細長いせんべいであり、結構硬めの食感である。ぽりぽりとした食感。ごぼうの味が濃く出ている。もとい、ごぼうをそのまま食感だけ変えた感じ。 個人的にはビールでも合うとは思うが、どちらかと言えば緑茶に合わせたい。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181106224911j:plain

ごぼう天せんべいはほかのせんべいよりも内容量が少ない。先ほどの三種詰め合わせであれば、天ぷらせんべいとのり天せんべいは6袋入りだがごぼう天せんべいは4袋入りとなる。

 

甘いものももちろん売ってます

築地ちとせは甘いお菓子も売っている。 鯛の形をしたフィナンシェが通年販売されている。 春はさくらいちご、秋はおいも餅、 夏であればわらび餅やラムネゼリーなど季節季節で店頭に並ぶお菓子が変わるので定期的にチェックされたし。ものによっては試食もさせてくれる。

 

で、どこで購入できるのか?

羽田空港(第一、第二両方)、新宿ルミネ、東京都以外だと東北自動車道の羽生パーキングエリア下り、パサール羽生で購入できる。 ただ、残念なことに東京駅では購入できません

と、残念がるのはまだ早い。定期的に東京都内のデパートで期間限定で出店されている。特に池袋の東武百貨店での出店が多いようだ。また、不定期で全国のデパートにて催事出店もしているようなので、お近くのデパートで出店されていたらぜひチェックしてほしい。もちろんオンラインサイトでの購入も可能。 お土産でなくても、お中元やお歳暮、ちょっとした菓子折りとしても喜ばれるはず。

なにはともあれ、東京へ来たらぜひ天ぷらせんべいをどうぞ。

tsukijichitose.jp