大須の「互楽亭」で浅田真央ちゃんがこよなく愛した「真央ちゃんチャーハン」を食べてきた

9/8(土)の出来事。

9/9(日)開催のミニコンサートに出るために名古屋に滞在していた。 せっかく名古屋に来ているのだから、と以前から気になっていた大須の「互楽亭」へ行ってきた。宿泊場所から目と鼻の先なので目をつけていた。 あの浅田真央さんがこよなく愛したというチャーハン、通称「真央ちゃんチャーハン」というものがあるとのこと。

いざ互楽亭へ

夕方6時頃。練習を終えて荷物を置きに一旦ホテルに戻ってからすぐ互楽亭へ向かう。「大須スケート場」の真向かいの店である。大須スケート場といえば浅田真央さんが通い詰めたスケート練習場である。スケートの練習帰りに足蹴く通ったと言われる店だ。
土曜日の夕方、しかも「浅田真央ちゃんが足蹴く通った店」と有名な店なので混んでいるだろう、と思い早めに行ってみた。が、時間が早いのか、客は他に1~2組ほど。

とりあえずカウンターに座り、気になっていた「真央ちゃんチャーハン」を頼む。

…しかし、「真央ちゃん」というのがなぜか恥ずかしくつい「チャーハンください」と言ってしまう。 他に一品くらい頼もうかと思ったが、後で大須観音で何か食べ歩きでもするかと計画していたのでチャーハンのみにする。

ホワイトボードにはメニューが書かれていたが、一番下にチャーハンの文字が。 後から取ってつけたように申し訳なさそうなフォントで「真央ちゃん」と書かれていた。せめて書き直そうか…。

お待ちかねのチャーハンを食す

数分後チャーハンが運ばれてきた。スープ付で750円。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181106110421j:plain

全体的に色が濃い。それよりもチャーハンに入っているかまぼこがやたら赤い気がしてならないが…。 どうやら名古屋では赤いかまぼこはさして珍しくなく、きしめんの濃い色のつゆに入れても見栄えがするようにピンクではなく赤いかまぼこが使われているのだとか。

早速味見。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181106110449j:plain

色だけでなく味も濃い。が、これはこれで悪くない。はっきり言って美味しい。 特に気に入ったのは中に入っている焼き豚。チャーハンの具材としていい感じに絡まっている。

しかし残念だったのがスープである。チャーハンだけでなくスープまで味が濃いのだ。というより、スープの味が濃すぎる。 チャーハンの味が濃いのでせめてスープは薄味にしてほしい。 スープの中身はワカメと溶き卵。具が少なめなのはGoodだと思う。

これがあの浅田真央ちゃんがこよなく愛したチャーハンか、というのが正直な感想。ということは、浅田真央ちゃんは濃い味が好きだったってことなのか? もう一度食べたいかと言われるとまぁ食べたいのだが、スープを変えてほしいというのが本音である。

「互楽亭」は2軒あるので注意

なお大須には「互楽亭」という店が2軒あるが、「真央ちゃんチャーハン」があるのは道路はさんで大須スケート場の真向いにある店であり、大須観音の中の互楽亭ではないので注意。

※互楽亭 https://tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23007778/