ある日に食べた「子持ちこんにゃく」の旨さよ、正月の食べ物としてもオススメ。

年末年始が近い。正月の食べ物といえばおせちだと思うが、わたしはおせちが嫌いだ。
正月ではおせちではなくまったく違うものを食べるのだが、そのうちのひとつが「子持ちこんにゃく」だ。
いつぞやの飲み会で食べた「子持ちこんにゃく」がやたらと旨かったからそれ以来食べることに決めたのだ。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181216142039j:plain

 子持ちこんにゃくはこんにゃくの中にししゃもの卵が入っている広島県の味。え、そうなの?!書いてて実は今初めて知ったよ(笑)。

去年のちょうど今頃、職場の人間と忘年会で入った店で出てきたものだ。
最初「子持ちこんにゃく」なんて書いてあってはて何じゃこれ?と気になってオーダー。数分後に上の写真のものが出てきてこれまた「何じゃろこれ」。ビジュアルがすでにわけがわからない。

しかし食べてみるとあらびっくり仰天。
味もよかったのだけど、なんといってもあのししゃもの卵のプチプチ感が自分の中での大ヒット。下手したらつまみはこの子持ちこんにゃくだけで十分だと言えるほどだ。他は要らない。酒でもソフトドリンクでも何でも良いが飲み物をバックに子持ちこんにゃく独奏で良い。
まさにこれ、オドロキモモノキサンショウノキ状態である。金槌で頭を思い切り殴られたような衝撃を体験した。あまりに気になりすぎてとうとうお取り寄せすることにしたのだ。

子持ちこんにゃくは楽天で売っていたのですかさず注文。フジトシ食品の子持ちこんにゃく。冷蔵便なので送料若干高め。
年末に実家へ帰る&妹夫婦邸へ行く予定があったので手土産にしたらさぞ喜ぶであろうと思い多めに注文。


妹夫婦邸では綺麗に盛り付けられて出された。かまぼこと一緒にどうぞ。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181216142810j:plain

何もつけずにそのまま食べても良いけど、わたしのおすすめはわさび醤油。ただし甘い醤油は使わない方が良い。わさび醤油で食べると子持ちこんにゃくの味が格段に引き立つ。
でも残念ながらビールには合わないと思われる。ビールに無理やり合わせるくらいならば冷たい烏龍茶と一緒にいただいた方が何倍もマシだ。うーん、やっぱり日本酒か焼酎が飲めないとさらなる旨さを体験できないんだろうか。いっそのこと生酒にしてみるか。

そういえばさっき紹介した商品、どうやら25日で注文締め切りだそうなので忘れずに注文しておこうと思う。

前回の正月から食べ始めたため「習慣化」というには事足りないが、早くも自分の中では正月の食べ物として欠かせないものとなりつつある。
インターネットで食材を注文できるこのご時世のありがたさが身にしみる。