クリスマスイブは「クリスマスの前日」という意味ではない!

お題「どうしても言いたい!」
本日12/24はみなさんご存知、クリスマスイブ。いかがお過ごしかしら?
わたしは昨日までの大阪往復に疲れ本日は一日眠ってましたけど。買い物へ行くはずが気がついたら夕方、無駄な一日。残念すぎる。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20181224223008j:plain

昨年のクリスマスイブは大阪にいたのだが、大阪の某キリスト教会での公開礼拝イベントに出ていた。イベントプログラムの一コマに吹奏楽演奏披露があったのでそのメンバーとして出演していた次第。で、夜は大阪大学吹奏楽団の演奏会を聴きに行っていた。
昨年は人生で一番有意義なクリスマスイブの過ごし方だったぞ。

さてこの「クリスマスイブ」とやら。先ほども書いたが12/24がそれにあたる。
が、厳密に言うと「12/24=クリスマスイブ」ではない。

そもそもまず「クリスマスイブ」というのはどういう意味なのか?大抵返ってくる答えは「クリスマスの前日」だと思われる。
が、それは完全な間違いである。
「クリスマスイブ」というのは「Christmas Evening」の略である。つまりカタカナのちゃんぽん語に直せば「クリスマスの夕方」だ。「イブ」というのは「Eve」=「Evening」だ。

一体どういうことなのだろうか?答えはこうだ。
キリスト教ではクリスマスをこのように定義している。

クリスマス…12/24の夕方〜12/25の夕方まで
クリスマスイブ…12/24の夕方〜12/25の0時まで

よって「12/24まる一日がクリスマスの前日なのでイブ、12/25のまる一日が本チャンクリスマス」ということではなく、24〜25を跨ぐわけ。
クリスマスパーティーをするのであれば12/24の夜に行うのが一般的だ。ケンタッキーフライドチキンが飛ぶように売れるのもこの日だ。

以上のことから、家族やら恋人たちやらが12/25のクリスマスよりも12/24のクリスマスイブの方が盛り上がっているということが納得いくかと思う。世間でもすでに12/25の夕方はクリスマスムードは消え去っているわけだし。

なおもうおわかりだと思うが、今まで述べた理屈から12/23を「クリスマスイブイブ」というのは間違いである。世間ではこんなことを言っている輩が多いが、バカ正直に英語に直すと「Christmas Evening Evening」ということになってしまう。
まずすでに12/23が「クリスマス」に該当する日ではない上に「Evening Evening」と言ってしまうと「夕方の夕方」になってしまう。そんなことを言ったら一体何時を指すのであろうか???

というわけで、これを読んだみなさまは決して来年以降の12/23に「今日はイブイブぅ〜♪」なんてトンチンカンなことを絶対に言わないように!
とはいえ、来年の12/23からは祝日の天皇誕生日じゃなくなるからこの日にクリスマス気分になるかどうかも微妙だけど。

追記:
わたしにとってのクリスマスソングといえば、聖飢魔IIの「悪魔のメリークリスマス」である。これに勝るクリスマスソングは絶対ないのである。
史上最低のクリスマスソング、聴きやがれ!とデーモン閣下のお声が聞こえてきそうだ。