やっぱり千里中央駅「ニューアストリア」でカツサンドを食べてきた話と他の話

野暮用で1/5〜1/6の二日間は大阪へ行ってきた。
おとといから話題にしている「ニューアストリア」にてカツサンドを食べてきた。
というより「やっぱりどうしても食べたくなったので食べてきた」と言ったほうが正解か。

前回の記事

blog.ma4yi1ji2.com

年末に行ったニューアストリアのタマゴサンドが若干不完全燃焼だったのでリベンジを兼ねて。
1/5、午前中に時間ができたので早速食べに行ってきた。
というわけで本日は安定のカツサンドA(野菜入り)。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20190106110549j:plain
と、飲んでみたかったレモンスカッシュをオーダー。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20190106110626j:plain
レモンスカッシュを注文すると「砂糖を入れていいか」と聞かれる。通常レモンスカッシュというものは甘いものじゃなかっただろうか…?まぁ良い。
飲んでみるとレモンの酸味が結構効いている。が、後味はすっきりする。よくある市販のヘタなレモンスカッシュみたくただ甘いだけじゃない。本物のレモンスカッシュというのはこういうものなのか。

そして何度も食べているカツサンドA。
文句なく旨い。今日のパンの焼き加減は最高だ。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20190106111116j:plain
ちなみに訪れたのが午前中の早い時間帯だったため割と店内は空いていた。厨房にいるおじさまの一人が肉の仕込みをしていた。バットに山盛りで今にも滑り落ちそうな豚肉、これはすごいものを見てしまった。この山盛り豚肉が本日一日でなくなってしまうと思うとあな恐ろしや。
午前中からテイクアウトの注文がひっきりなしに入っていた。そうだ、テイクアウトもあるからあれだけの豚肉がすぐなくなるもの頷ける。
なにはともあれ今回も旨かった。

さてカツサンドの話から恐ろしく脱線するが、トランペットに挑戦してみた。
ららぽーとEXPOCITYの島村楽器へ寄ったところ、YAMAHAのトランペットが試奏できたので手にとってみる。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20190106112601j:plain

というより待て待て、こんなぶっ壊れやすい楽器を無造作に置いといて良いのだろうか??せめて店員がついておいてくれよ…
これおそらくスチューデントモデルと思われる。10万しないで買えるトランペットじゃないかね?

早速マウスピースをつけて吹いてみる。
というより、トランペットって意外と重いのね…完全にナメてましたすいません

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20190106112822j:plain
ウゥム、音が出ねえ〜…ブサイクな音しか出ない。ただでさえ本業のクラリネットの音がイケてないのにさらに上をゆくほどのぶちゃいくな音。
そういえば知り合いの某プロサックス奏者が練習に練習を重ねてやっと音が出た、と仰っていたので頑張ればいつかは…?!と淡い夢を持ってみる。
が、歯の矯正が終わっていないこの身、歯科医からは「矯正中に金管楽器はNG」と言われているのでトランペットに手を出すのはまたの機会ということで。

さらばトラムペットよ!またいつか会う日まで。
…と言いながらYAMAHAの楽器レンタル「音レント」のサイトを見ているわたしがいるのであった。rental.jp.yamaha.com

トランペットといえば…
スカパラの昔のアルバム「PIONEERS」の6曲めに入っていた「ラッパと娘」を真っ先に思い出すのだが、あれ原曲は笠置シヅ子なんだよね。
どうもスカパラに慣れてしまっていたからか笠置シヅ子バージョンは違和感バリバリ。
(というか、なんでitunesに「PIONEERS」がないのだ?)

以上、余談でした。

ニューアストリア関連の記事はこちらblog.ma4yi1ji2.com

blog.ma4yi1ji2.com
ニューアストリアはこちら

www.senrichuou.com

retty.me

千里中央グルメはこちらもどうぞ 

blog.ma4yi1ji2.com