横浜に来てから抜け毛が酷い、横浜市へ抜け毛の責任を転嫁させてしまいたい

唐突だが、横浜市に引っ越してきてから抜け毛が酷い。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20190107213859j:plain

 あと数年で40という年齢に差し掛かると髪の毛のハリやコシが徐々になくなってくる。そういえば20代のときのヘアスタイルをしようと思ったら今は厳しい。なのでカットそのものを変えてまったく違う髪型にしている。
それでもハゲる前兆の目安としてよく言われる「枕などに落ちる毛の量が増えた」などのチェック項目はすべてNOだった。

それがだ。
最近よく抜ける。まるで頭皮と髪の毛がS極同士であるかのように髪の毛が離れていく。それもなぜか横浜市に引っ越してきてから急に抜け毛が増えた。浴室や脱衣所に髪の毛が落ちているのは日常茶飯事、枕にも気がつけば数本、なぜか玄関にも一本二本、ショックだったのが洗濯物を干そうとしたら髪の毛が出てきたことだ。
これはいけません、早いところ手を打たないとまずい。さもなくばそのうち髪の毛がゼロになる。
今まで他人がハゲようがどうだろうがわたしには関係ないと思っていた。他人がハゲたからってどうのこうの言ってもしょうがないのだ。そんな冷たい考えをしていた罰が当たったのだろうか…?!

わたくしことアヘラ自身はさほど髪の量は多くない。プラスして白髪が多いのでお世辞にも「若々しい」とは言えない髪の毛だ。しかも困ったことに強烈な天パ、昔から頭髪はわたしの言うことは一切聞いてくれなかったのだが年を取るごとに髪の毛とわたしの仲は冷え込んでいく一方だ。
そこに「抜け毛」という強烈なボディブローが飛び込んできているのだからたまったものではない。

ハゲの原因となるものを色々考えてみた。
まずはシャンプー。朝シャンなんぞしない。基本的に風呂は夜入るのでこれは問題ない。しかもすすぎは十分すぎるほどだ。水道代がかかるぞ!とクレームが来てもおかしくないくらい水を使っている。おまけに使っているシャンプーは市販の界面活性剤バリバリの安いやつではなくラサーナのプレミオールというノンシリコンシャンプーだ。腹立つほど高いがこれがまた良いのだ。

通販限定「ラサーナ プレミオール」シリーズ|ラサーナ公式通販サイト


そして染髪。20代の頃はよくやっていたが27くらいでやめた。ん?若い頃髪の毛をいじめたツケが今頃来ているのか?
ちなみに白髪染めは「LPLP」というヘアケアシリーズの白髪染めを通販で買っている。染まりは悪いが頭皮にめちゃくちゃ優しいのでオススメ。

《公式》LPLP(ルプルプ)無添加の白髪染め・シャンプー・ヘアケア商品


頭皮(に限らず体中)の血管を収縮させ栄養を行き渡らせなくしてしまうという喫煙。昔はヘビースモーカーだったがこれもだいぶ前にやめており今はタバコは吸っていない。むしろ吸えない体になっている。
睡眠不足もハゲの原因となるようだが、寝すぎるくらい眠っているためこれも違う。
もちろん栄養もしっかり摂っている。肉、野菜、魚、きのこ、海藻大好きですもん。お菓子は格段に食べなくなった。
枕カバーについてだが、現在は枕を使用していない。が、かつて枕を使っていたときはしょっちゅう枕カバーを替えていた。しかも枕カバーのストックは7枚。さすがに持ちすぎだろという感じだが自分にとってはこのくらいがちょうどよかった。
まさか男性用の育毛剤を使っているのではないかというとそれも違う。育毛剤自体使っていない。そもそも女性用と男性用で育毛剤は違うため、女性が男性用の育毛剤を使うとハゲるらしい。

となると残りは遺伝なのか?!と心配になるが…見事に違った。
アヘラ家の家系はハゲない家系らしい。確かに親戚一同見てみると加齢による多少のボリュームダウンはあるもののハゲは一人も居らず。びっくりするほどハゲはいないのだ。

こうなってしまうともう原因不明だ。これは困った。
ハゲの家系じゃないのか♪と若干呑気にしていられるが内心相当焦っている。
このまま原因不明の状態で人生を歩んでいようものならば、そのうち「水曜どうでしょう」のユーコン川160キロで大泉さんの言っていた「次の日V回したら誰が漕いでっかわかんねぇようなつるっパゲがいたらおっかねぇじゃねぇか。」というセリフが見事に自分自身そのものになってしまうのではないだろうか。

ただ一点、致命傷を発見。
頭皮に湿疹ができてしまっている。ひどく乾燥してしまうとかゆくなる。恐らくこれが原因かもしれない。
が、だいぶ昔から治療を継続しているのでかゆみは結構抑えられている。忘れられた頃にかゆみは出てくるのだがたま〜に薬を塗れば症状は緩和する。放置すれば抜け毛に繋がるかもしれないが、一応治療は継続しているので問題はないと思われる。
もうここまで来たらしっかり治したいが、もしかしたらかゆみは歯に入れた金属のアレルギーから来ているものかもしれないので、もう少し経過してから歯の金属を除去してもらって問題切り分けとしてみる。

ここまで書いておいて思ったのだが、現在住んでいる家は床が白に近いベージュだ。大阪で住んでいた家は床が明るい茶色。その前の東京都狛江市時代はダークブラウン。
つまり何が言いたいのかというと、抜け毛がひどかったのは実はだいぶ前からであり、床の色に髪の毛が同化してしまったせいか抜け毛に気づかなかったのかもしれない。それが今回白っぽい床になり抜け毛をはじめとするゴミが余計に目立つようになったから抜け毛が増えたのかと勘違いしているのかも、と思えてくる。
もしかしたらだいぶ前から酷い抜け毛だったのだろうか。だとするともう手遅れかもしれぬ。

抜け毛は決して環境のせいではない。横浜市のせいではない。横浜市へ抜け毛の責任を転嫁させたかったが奇しくもその企みは水の泡となった。
抜け毛は湿疹が原因なのと自分の宿命なのだ。きっとそうだ。
とりあえず頭皮の湿疹の治療は継続しつつ、症状がある程度治ってきたら女性用の育毛剤を使うことにする。決めた。