鶏のからあげにレモンはありかなしか

みんな大好き鶏のからあげ。
食事のメインディッシュに、おつまみに、お弁当に、はたまたコンビニで手軽に買えるホットスナックとして老若男女問わずバカウケなシロモノだ。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20190116203246j:plain


あ、一応言っておくけど「かりあげ」じゃないよ、「からあげ」ね。あの4コマ漫画のキャラクターじゃないので注意。
九州の某県は鶏のからあげの聖地とも言わんべく観光スポット化している。ご丁寧にからあげ専門店の場所を記した「からあげマップ」なるものまで用意されている。う~、一度行ってみたいぞ。

さてそんな鶏のからあげだが「からあげにレモンをかけるかかけないか」論争がたまに起こる。
よく居酒屋なんかで鶏のからあげなんぞを頼むと高確率で櫛形に切ったレモンが一つ皿の中に転がっているが、それを巡っての論争だ。
「レモンかけてい~い?」と聞く者あれば黙って当然の如くかける者、最初っから除ける者、存在しないかのように振る舞う者と様々だ。

結論から言うと、わたしは「レモンは絶対にかけない派」である。

言わせてもらうがどう考えてもからあげにレモンって味がおかしくなると思う。なぜレモンをかけてわざわざまずくするのだ?揚げたてのからあげと一緒に図々しくひっついてくるレモンという物体はせっかくのあつあつ唐揚げを一瞬にしてすべてをぶち壊しにしてくれる、まさに「原爆」と例えるのがぴったりな厄介者だ。絞れば一撃皆殺しだ。

考えてみなさいよ、せっかくカラリと揚がったからあげクンはカリッとジューシーな姿なのにレモン汁のせいでしょわしょわになる。これを旨いと思うか?おまけに味も変わってしまう。塩やらニンニクやら醤油やらをベースに味が整ったからあげになぜレモンの酸っぱさを足すのか?!味が混ざって変な味になるではないか。

わたし自身実は鶏のからあげという物が世界一好きな食べ物なので、レモンをかけるという行為は認めないことにしている。それどころかレモンの存在すら無視している。そのため勝手にレモン汁をかけられたからあげは一切手を付けない。もちろん「超」がつくほど不機嫌になる。当然最初に「かけていいですか?」なんて聞かれたら「わたしはダメなので先にひとつ取っていいか?」と聞く。たまに無理して食べるけど…。

と、「からあげにレモン」を頑なに否定してばかりでは全く大人気ないので、「からあげにレモンをかける利点」をきちんと調べてみた。

レモンをかけるというのはしっかり理に適っており、レモンに含まれる成分の「エリオシトリン」というポリフェノールの一種である物体がカギだ。つまりこの「エリオシトリン」という物体が腸での脂肪吸収を抑える働きがあり肥満予防に役に立つそうだ。さらには脂質に対する抗酸化作用が強く生活習慣病予防にも効果的だとのこと。

そうなのか。そういう効果があるんだな。ひとつ賢くなったぞ。
わかった。それはわかったが、とはいえ嫌いなものは嫌いだ。いくら健康に良かろうが受け付けないものは本当に受け付けないのだ。というより、そもそも生活習慣病になるような生活は送っていないぞわたしは。なのでからあげにレモンをかけようがかけまいが生活習慣病になるような生活さえ送ってなければ問題ないと思うのだけど。もっと言うといくらからあげにレモンをかけて食べていたとしても過度の飲酒、タバコ、味付けの濃い食事、偏った栄養バランス、万年運動不足という生活を続けていけば生活習慣病になる。そっちのほうが危険ではないか?!違うか?

と、自分がここで叫んでも世の中からは「からあげにレモンはありかなしか」論争は到底消えることはなさそうなので今日も日本の片隅で「アンチからあげにレモン」派として活動していくことにする。

それにしても以前ここで書いた「酢豚にパイナップルはありかなしか」もそうだが、黄色い果物に恨みでもあるのかと思われそうだ(笑)。 

blog.ma4yi1ji2.com

 
ちなみにレモンと同じレベルでからあげをはじめいろんな一品料理にくっついてくるパセリだが、あれはかなり好きだ。なぜか食べてしまうことが多い。
なぜパセリがくっついてくるのかというとこれも理に適っており、理由は以下。

まずひとつめが「見た目」の問題。パセリは緑色が濃く料理のワンポイントとして皿全体の見栄えが良くなり美味しそうに見えるから添えられる。
ふたつめとして「口臭予防」。パセリに多く含まれる「ピネン」という物質には殺菌効果があるほか、胃を穏やかに刺激して消化を促し、腸内環境を整える働きがあるそうだ。またパセリに多く含まれるクロロフィルには消臭効果があるとのこと。つまりこれらを合わせた結果口臭予防につながるというわけだ。
そしてみっつめは「栄養価が高い」ということ。ビタミンやらミネラルやらの含有量が野菜の中でトップクラスだとのこと。

以上のことからパセリが添えられているということになる。あんなちまっこい物体のくせに…う~侮れんな。
へー、ということはパセリはもしゃもしゃ食べても良いというわけだ。ただ、居酒屋のパセリは怖いからなぁ…いろんな意味で。