願いは口に出してこそ叶う…どういう形で叶うかは神のみぞ知る

小学校の頃、どういうわけだか「将来は漫画家になるんだ!!」と固く決めていた。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20190227220923j:plain

小学校のいつからかわからないが気がつけば「漫画家」という職業に憧れ、そして志していた。
図書館で「漫画の書き方」なる本を借りてみたり、ちょっとお小遣いが入ればスクリーントーンなるものを購入してみたり。もちろん小学生の身分でお金は限られるため購入するスクリーントーンはミニサイズばかりだった。
これと併せてスクリーントーンをカットするカッターナイフも用意した。自宅にあったカッターナイフをマイ・カッターナイフとするわ、もっと笑えたのが漫画家が使っているペンを真似て「ペンもどき」を作ったこと。割り箸を鉛筆削り機でごりごり削って細くし、墨汁をつけて下描きの上からなぞっていた。そんなもんで漫画なんぞ描けるわけがないっての。墨汁が割り箸の中に染み込んじゃうでしょうが!
一応小学校のクラブ活動では漫画クラブなるものに入り漫画なんぞ描いていたのだが、先ほどの道具の揃え方を見ると「中途半端な志し」っぷり満載だ。せめてペンくらい頑張って買おうぜw

そういうわけなので所構わずいろんな人に「将来は絶対漫画家になるんだー!!」と宣言しまくっていた。とはいえ当時あんなに大して上手くもなく面白くもない漫画を描きまくってよくも「漫画家になる」と声を大にして言えたものだ。もし今の自分が当時の自分に会ったら度胸だけは認めてやるが、「テメェどんだけ自分がへたくそかわかってんのか?あぁ?」と恫喝していたに違いない。ま、そのぐらい下手くそだったというわけ。下手くそだったので一部の女子からは陰口の嵐。やっぱりね。

そんなわたしだが中学2年くらいからは「漫画家になる」という夢はなくなっていた。ピアノと吹奏楽部に明け暮れる日が続いたため「マンガ」というものに対して徐々に興味を失っていった。あの中学生の当時もそうだが今になってもなぜ漫画家になりたかったのか理解ができない。なんで漫画家という職に興味を持ったのかも覚えていない。

月日は流れ漫画家ではなく普通の会社員となった。そこで起こった数年前の出来事。
参加している部内の某プロジェクトで毎月全社員に向けてメルマガを発行しているのだが、このメルマガはテキストに加えてイラストをふんだんに盛り込んだコンテンツのPDFを作っている。作ったpdfを社内webサーバ上へアップしメール内にpdfへのリンクを貼る形を取っているのだ(なにぶんHTMLメール禁止なので仕方なく)。

で、あるときイラスト係が異動になったり会社そのものを辞めたりということがあった。当然イラスト係がいなくなったためわたしへ引き継がれることになった。
次号より早速描いていたのだが、ある時のこと。
「そうだ、これ、自分の趣味でマンガ形式にしようっと」
まるまる任されたコンテンツだったので好きなように作れる。ならば自分の趣味でマンガを描いてしまえ、と決めたのだ。出来上がったあとプロジェクトのメンバーに見せたらまずまずの評判だったのでマンガが掲載されたコンテンツが採用された。

…なんと「漫画家になる」という夢を持たなくなってかなりの年月が経過してから「漫画を描く」という夢が実現してしまったのだ。
引き寄せの法則かなんかわからんけど「願い事は紙に書くと叶う」「口に出すと叶う」などとよく言われているらしいが、まさにこれだ。確かに小学校時代の文集だかなんだかに「漫画家になる」なんて書いたし(書く先は紙だよねーぇ?)、上でも書いたがいろんな人に「漫画家になる」とよく言っていた。

思えば確かに願いは叶った。が、「漫画家になる」という夢ではなくて「なにがしの形で漫画を発表する」という願いが叶ったと言えよう。それも不特定多数までは行かず「社内全員への公開」だけに止まっているので「少し叶った」のレベルだ。
一応プロジェクトのメンバー数名から「漫画家」呼ばわりされたので、「漫画家になる」という夢がある意味叶ったとも言える。

「願い事は紙に書くと叶う」「願い事は口に出すと叶う」
スピリチュアル的な世界でもよく言われている言葉だ。
嘘か本当かと言えば「本当」になるが、時には「思いもよらない形で叶う」という結果にもなり得るということがわかったよわい34の或る日だった。

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA