アストル・ピアソラ作曲「天使の死」という曲がお気に入り

お題「マイブーム」
アストル・ピアソラ作曲「天使の死」という曲が最近のお気に入り。
ここんとこ、毎日youtubeで聴きまくっている。
すんごいタイトルだが(驚)、聴くと軽快でどこか物悲しく楽しい。

f:id:ahera_ma4yi1ji2:20190310195810j:plain

もともとこの曲は知らなかったのだけど(ピアソラの曲は「リベルタンゴ」しか知らんし…)、ちょうどクラリネットアンサンブルの曲を探していたときに見つけた。
これはクラリネット八重奏バージョン。この「京都黒笛音楽隊」というクラリネットアンサンブル団体の演奏が大のお気に入り。


天使の死

編成はEs、1st〜4thB♭Cl、Alto、Bass、ContraAlto。わたしはここんところメインでアルトクラリネットばっかり吹いているので(右から3番目の楽器)恐らくこの曲をやるとしたらアルトクラリネットに回されると思われる。
楽譜が手元にないのでどういう感じかは聴いた印象だけで判断するしかないのだけど、変な変拍子がなさそうなので助かる。が、後半3:36あたりからのタンギング(タタタタタッ♪ってやつ、舌をついて音を切る)が非常に辛そう。ここまで舌が絶対回らない!!日頃からタンギングの練習さえすればできなくはないだろうが…さて困った。多分、この曲を他の人に提示したらまず間違いなく「タンギングができないから嫌だ!!」と敬遠されそうだ(苦笑)。うん、わたしも間違いなくできない。今日ちょっとやってみたがギブアップ。

原曲と聴き比べてこちらの動画、出だしのバスクラのテンポが速い。が、こちらの方が好み。アルトクラリネットは3番目に出てくるのか。出てくるタイミングを間違えたら全てが台無しになりそうだ。
しかしこのアンサンブル、超上手い!!京都黒笛さんの演奏会、一度行きたいぞ。またこれやってくれないかなぁ?

ちなみに今の所属団体だとありがたいことに全ての楽器が揃うけど、さてこれをやりたがる人が一体何人いるのかが気になるところ…(苦笑)
とりあえず楽譜だけでも購入しておこうと思う。ただし今月の予算がないので3/16以降で注文…あはは。

変わってこちらは「ADMAN」というグループのPV(公式ページ)。バイオリン、ピアノ、チェロの3人組。このバージョンもアレンジが楽しい。
こちらはさっきのクラリネットと違って少しどっしりした感じがする。テンポが多少遅めというのもあるのだろうか。そして物悲しさもこちらの方が上かも。


Astor Piazzolla:La muerte del angel (天使の死)

PV、序盤の演技がが素人ちっくで結構笑えたのだが(笑)これはこれでアリだと思う。
コンクリ打ちっぱの部屋の中でゆらゆら揺れるキャンドル、そして3人のプレイヤー。
この絵がとても美しい。見て楽しい&聴いて楽しい動画だと思う。